110222school.jpg



屋外ポートレート撮影とは大きくて綺麗な公園だけでするモノ。

そんな事はありません。

今回のテーマは。。。。





いつかやりたいと思っていたストリートでの撮影教室。

散歩しながらイイ場所見つけて、ホントに「その辺で撮影」します。

同じ場所にはとどまらずに、絶えず動きながら撮影するのがストリート撮影。

いつもキレイな公園で、カメラバッグを置いてじっくり撮影、、
しかした事がない人には新鮮さ確実!

屋外撮影はもっともっともっともっと自由に撮れるんです。

人と違う写真を撮りたいなら撮影場所、撮影方法までも変えなくてはネ!

yajirushi.png

スタジオから出発。

周辺を散歩しつつ、モデル撮影します。

そのまま屋外撮影会。 そしてスタジオに戻ります。

撮影した画像はスタジオのPCにて私と参加者みなさんで一緒に確認します。
*詳しくは下記のスケジュールで確認してください

yajirushi.png

写真は、撮影した時の記憶が新しい内に見直す事が大事です。

撮影後すぐに確認する事で「良い所 悪い所」を最も効果的に学習する事が出来ます!

yajirushi.png

また、参加カメラマンさん同士でその日の写真を見せ合う事により、
同じ環境での他人の写真を勉強しあう事が出来る
のも大変大きなメリットです。

yajirushi.png

『自分の写真は自分が全て操っている


そう自信を持って言えるようになる撮影教室です!

もちろん、今よりもスキルアップしたいカメラマンさんにも最適の場です。

超初心者カメラマンさんからハイアマチュアクラスまで参加可能です。

実際の撮影予定コースにて2時間程度で撮影したサンプル写真です
110220-013.jpg110220-053.jpg110220-093.jpg110220-254.jpg110220-167.jpg110220-210.jpg110220-225.jpg110220-246.jpg110220-107.jpg

  ◆2/27(日
  「ストリート撮影教室で

屋外撮影ステップアップ!」編


撮影教室内容


1.まずは屋外での撮影教室です。

  • icon_gr_04.pngレフ板の撮影テクニック
  • 屋外撮影の代表的な機材です。基本に戻って改めて使用方法をレクチャー。
  • 複数枚使った応用テクニックも。
  • icon_gr_04.pngクリップオンストロボの日中シンクロ撮影テクニック
  • 以前、公園での屋外撮影教室で行った日中シンクロ撮影テクニックをストリートで!
  • icon_gr_04.pngストリート撮影のテンポ
  • 屋内撮影と違い、屋外では周囲への気配りなど撮影現場を大きく見る目が大事になります
  • icon_gr_04.png屋外撮影のメリット・デメリットを知る
  • スタジオとは違い無限のバリエーションを持つ屋外撮影の長所と短所を知りましょう

yajirushi.png

2.そのまま屋外撮影会です。(60分)

yajirushi.png

3.スタジオに戻りPCで写真を見ながら撮影教室です。

  • 『PCで個別に写真チェック』致します。
  • 撮影教室と撮影会で撮った写真をスタジオのPCで見ながら
  • 私と一緒に写真チェックしてみましょう。
  • icon_gr_04.pngまずは写真のチェック方法から。
  • 画像ブラウザを上手に使うことで効率よく勉強出来るんです。
  • icon_gr_04.png『自分の撮影の流れ』に気を付けてみた事はありますか?
  • icon_gr_04.png同じような構図の写真を無意味に連写していませんか?
  • icon_gr_04.png機材、カメラ設定、光、アングル、撮影のテンポなど
  • 自分の写真のバリエーションがマンネリ化している人は一緒に打破しましょう!

スケジュール

Doticon_red_Redo.png第1部

9:45
スタジオ入場可
10:00-11:00
撮影教室 60分 屋外
11:10-12:10
撮影会 60分 屋外
12:30-13:10
撮影教室 40分 スタジオ



13:20 スタジオ退出 *通しの方も一度ご退場お願いします。


Doticon_red_Redo.png第2部

13:55
スタジオ入場可
14:10-15:10
撮影教室 60分 屋外
15:20-16:20
撮影会 60分 屋外
16:40-17:20
撮影教室 40分 スタジオ



※1部2部共に基本的な内容は同じです

モデル

三輪沙弥香(ミワ サヤカ)

IMG_9273b_1.jpgimage.jpeg
プロフィール

開催場所

スタジオ D WORKs(松川コウジ写真事務所)

スタジオに直接集合してください

LinkIcon(→スタジオまでの地図)

講師

松川コウジ83X83N838A815B839383V838783b83g202012-08-082023.23.02.png
「写真が好きな人達と一緒に過ごす時間が一番好きです。私と一緒に撮影を楽しみましょう♪」
■松川コウジHP m-Gra
CosGrapher代表
m-koji.png
00'
コダックフォトセミナー入賞
01'
01年7/8月号 02年1/2月号
玄光社フォトテクニック掲載
スタジオプラスムーンでストリート撮影担当
02'
グラビアカメラマン アシスタント
03'
スタジオプラスムーンスタッフとして一般女性写真集・ブライダル・イベント撮影
07'
玄光社デジタルフォトテクニック グラビア掲載(♯014)
08'
スタジオプリンセスドール 撮影 代表
09'
D WORKsスタジオ 設立

スクリーンショット 2012-12-25 20.20.06.png
スクリーンショット 2012-12-25 20.20.19.png

参加に必要なモノ

◆カメラ
デジタル一眼レフカメラ

◆レンズ
標準レンズ または 標準ズームレンズをオススメいたします。
良く分からない方はメッセージをください。→メール

◆クリップオンストロボ
ご自分のストロボをお持ちください。

*今回は動きながら、歩きながらの撮影なので「動きやすい装備」をよろしくお願いいたします。

*レフ板はこちらで用意してあります。

---あると良いモノ---
◆露出計
お手持ちの物がある方は是非お持ち下さい。

使用カメラの説明書
設定方法に関して必要になる場合があります。

備考

少々の雨天の際は決行致します。
開催不可能な雨天の場合は中止となります。
どの程度で開催不可となるかは当日朝ご連絡となります。

撮影会のみの参加は出来ません。(教室のみの参加は可能ですが料金は同じです)

動画撮影は禁止です。(メモはOKです)

当日の連絡先 松川コウジ写真事務所へご連絡ください。03-6265-0321

○各部ともに参加人数が3名未満の場合は中止となります。

○その他止むを得ない事情により内容変更/モデル変更/中止の場合があります。


撮影会の際の注意事項→LinkIconこちらをお読み下さい

申し込み方法

必ず上記の備考をお読みになりご承諾いただいた上で
こちらのLinkIconメールフォームよりお申し込みください。


参加受付メールが届いてない方へ

  • 1~2日以内に参加可否の返信メールが届きます。
  • 届いていない、
  • または早急に確認が欲しい方はお電話ください。
  • sign.png





-撮影機材購入/情報リンク集-

W_Camera.gifストロボ機材メーカー

W_Camera.gif撮影機材
最初はなるべく安く始めたい。。

一番早い開催情報はTwitterにて!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ



New_Icon_rd_01.png
7/24 & 30(日)


7/10(日)


7/3(日)


6/26(日)6/29(水)

これまでの開催
2011













LinkIcon→ レポート




LinkIcon→ レポート


LinkIcon→ 3/2 撮影教室レポート


LinkIcon→ 2/27 撮影教室レポート


LinkIcon→ 2/4 撮影教室レポート


LinkIcon→ 1/30 撮影教室レポート

2010

LinkIcon→ 12/28 撮影教室レポート


LinkIcon→ 11/22 撮影教室レポート


LinkIcon→ 10/2 撮影教室レポート


LinkIcon→ 9/30 撮影教室レポート A
LinkIcon→ 9/30 撮影教室レポート B


LinkIcon→8/31 9/5撮影教室レポート

▼COMET 様のご協力によりTWINKLE FIIIなど
最新ストロボ機材を使って撮影教室/撮影会を行いました。

LinkIcon→7/29撮影教室レポート

▼リクエストの多かった日中シンクロ撮影を取り入れました

LinkIcon→7/25撮影教室レポート

▼COMET様のご協力によりTWINKLE FIIIなど
最新ストロボ機材を使って撮影教室/撮影会を行いました。

LinkIcon→6/25撮影教室(第3部)レポート
LinkIcon→6/25撮影教室(第2部)レポート
LinkIcon→6/25撮影教室(第1部)レポート


LinkIcon→6/13撮影教室レポート


LinkIcon→5/30撮影教室「第2部」レポート
LinkIcon→5/30撮影教室「第1部」レポート