特に撮影教室に参加される方は来る前に読んでおく事をオススメいたします。






出計。


持っていなくても通常の撮影は十分可能です。


しかしストロボ撮影やワンランク上の写真を目指すなら必携の機材です。







私はセコニックモデルをずっと使用しています。


光球を引っ込められるのがポイントです。


最初は反射式、入射式の両方が使える兼用タイプ
(ズームマスターL-508)を使用していましたが
反射式を使う時があまりなかったので
入射式専用タイプ(フラッシュマスター L-358)
を新たに購入しました。


入射式専用タイプは反射式兼用タイプに比べて
・軽くて
・ポケットからスっと取り出せて
とても使いやすく気に入っています。
特に荷物を少しでも減らしたい
「屋外撮影派のカメラマン」にオススメです。


しかし、モデルさんに近づく事の出来ない撮影会で使用するなら
反射式が有利ですよね^^




主な機能は次の三種類です。
「定常光測定」
「フラッシュ光測定a(ストロボ) = シンクロコード」
「フラッシュ光測定b(ストロボ) = ワイヤレス」
全ての機能が揃っていないモデルもあるので購入時は要確認です。




ストラップをカラフルなものに変えてあるのは、
ゴツい撮影機材が並ぶ撮影現場を少しでも柔らかい雰囲気にしたい為
他人と同じ露出計だった時に間違われない為の対策です

-撮影機材購入/情報リンク集-

W_Camera.gifストロボ機材メーカー

W_Camera.gif撮影機材
最初はなるべく安く始めたい。。

一番早い開催情報はTwitterにて!
Twitterボタン
Twitterブログパーツ



New_Icon_rd_01.png
7/24 & 30(日)


7/10(日)


7/3(日)


6/26(日)6/29(水)

これまでの開催
2011













LinkIcon→ レポート




LinkIcon→ レポート


LinkIcon→ 3/2 撮影教室レポート


LinkIcon→ 2/27 撮影教室レポート


LinkIcon→ 2/4 撮影教室レポート


LinkIcon→ 1/30 撮影教室レポート

2010

LinkIcon→ 12/28 撮影教室レポート


LinkIcon→ 11/22 撮影教室レポート


LinkIcon→ 10/2 撮影教室レポート


LinkIcon→ 9/30 撮影教室レポート A
LinkIcon→ 9/30 撮影教室レポート B


LinkIcon→8/31 9/5撮影教室レポート

▼COMET 様のご協力によりTWINKLE FIIIなど
最新ストロボ機材を使って撮影教室/撮影会を行いました。

LinkIcon→7/29撮影教室レポート

▼リクエストの多かった日中シンクロ撮影を取り入れました

LinkIcon→7/25撮影教室レポート

▼COMET様のご協力によりTWINKLE FIIIなど
最新ストロボ機材を使って撮影教室/撮影会を行いました。

LinkIcon→6/25撮影教室(第3部)レポート
LinkIcon→6/25撮影教室(第2部)レポート
LinkIcon→6/25撮影教室(第1部)レポート


LinkIcon→6/13撮影教室レポート


LinkIcon→5/30撮影教室「第2部」レポート
LinkIcon→5/30撮影教室「第1部」レポート